盗聴発見についての比較サイトです。業者や盗聴器などの情報についても公開します。

トラブルと盗聴発見


夫婦間のトラブル。気づいたら相手に盗聴器を設置されていた。
防犯対策と思って賃貸入居前に盗聴器発見をしたら、なんと盗聴器が本当にあった。

近年盗聴器発見に関する話題をよく耳にするようになってきました。昔は、専門的なショップまで、わざわざ出向かなければ購入できなかった盗聴器ですが、今やインターネットでどこに住んでいても簡単に購入することができ、また価格も手の出しやすい価格帯になっているため、皆さんが考えているよりもずっと、盗聴器の存在は身近なものになっています。


先に挙げたような夫婦間のトラブルで、家の中に盗聴器を仕掛けられたり、賃貸物件を借りる前に調査してみると盗聴器があったというのは、仮想の話ではなく現実に起こっている話です。
パートナーの浮気を疑い、行動を探っている場合やけんかの最中の会話を録音することで、離婚の際、優位に話し合いを進める材料にする為に設置されている。そんな状況は、実際に結構ある話のようです。
また賃貸物件は、以前その部屋にどんな人が住んでいたかをあまり知ることはありません。何人か前の住人に向けて盗聴器が仕掛けたれたとしても、電源の取れる状態で盗聴器が仕掛けられていれば、電気の供給がある限り、壊れない限り盗聴器はその仕事を続けていきます。一度設置されるとずっと盗聴し続ける。盗聴の問題点は、設置されてしまえば回収されることがほとんどない点にもあります。
年間三十万個もの盗聴器が出回っている上に、回収されず、ずっと稼働している盗聴器まであると考えると、世の中に設置されている盗聴器は、かなりの数だと知ることでしょう。

トラブルをさらに大きくしないために盗聴発見の依頼は役立ちますが、防犯的な要素を考えてもメリットがあります。
このサイトでは、盗聴発見の比較ポイントについて紹介しています。
 



おすすめリンク集

住まいる防犯110番
住まいの防犯に関する情報サイトです。
侵入犯罪の脅威など解説されています。

探偵料金レクチャー
探偵の料金に関する情報サイトです。探偵に依頼する前に確認したいものです。

Media Information Web School
メディアに関する情報サイトです。